「しなやかな血管が健康の10割」島田健永著

公開日:  更新日:

 人間の全身の血管を1本につなげると、その長さは地球2周以上の9万キロメートル。内腔の総面積はテニスコート6面分の3000平方メートルにも及ぶ。

 血管とは全身の細胞に栄養や酸素を運び、老廃物を回収するための大切な道。肝臓や腸などの臓器をいたわることも大切だが、それ以上に血管を健康に保つことこそが、病気を寄せつけない体づくりには不可欠なのだ。

 血管を若々しく保つためには食事の仕方が大切。アントシアニンやセサミン、リコペンなど植物中に存在するファイトケミカルと呼ばれる抗酸化物質を取ることで、動脈硬化のリスク低減が期待できる。他にも、積極的に取りたいオレイン酸などの油、血管を守るカフェインなど食事のヒントに加え、血管力を高める睡眠や運動も紹介する。(ワニブックス 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る