• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「なぜ私は人工透析を拒否してきたか」リュウ・ウェイ著

 バイオリニストである著者は、41歳で慢性腎不全と診断される。病状は中期のステージ3で、医師からは治療に専念するよう指導されるが、著者は人工透析を拒否。食事療法や代替療法を行いながら、仕事を続ける道を選択した。

 食事療法は、雑穀の摂取がメーン。ハトムギやきび、そして玄米などは、ミネラルや食物繊維が豊富でデトックス効果が高く、解毒の働きを担う腎臓機能の低下を補ってくれるという。代替療法では、内臓のコリをほぐす内臓セラピーや整体などで血流をよくし、老廃物の排出を促している。以降10年、腎臓はわずか8%しか機能していない末期の状況だが、今でも透析を受けずに済んでいるという。

 透析以外にも、腎臓病には治療の選択肢があることを教えてくれる。(きずな出版 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  2. 2

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  5. 5

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  6. 6

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  7. 7

    辞めたジャニーズの末路は…山口達也を待ち受ける“地獄道”

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

  10. 10

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

もっと見る