• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「空飛ぶ円盤が墜落した町へ 北南米編」佐藤健寿著

 世界のオカルトスポットを訪ね歩くフォトリポート。

 世界中のUFO研究家が、米政府が異星人と密約を結び、つくり上げた超機密施設と信じる米国ネバダ州にある「エリア51」。同施設は、普通の地図には書かれておらず、砂漠の道なき道を進まなければならない。まずは、宿場町レイチェルにあるエリア51の「公式観測所」にしてレストランと宿屋を経営する「リトル・エイリイン」に立ち寄り、エリア51の地図を購入。同所でエリア51研究の第一人者と親交を結び、いよいよ、厳戒の施設に向かう。その他、ロズウェルUFO墜落事件や、南米のナチスUFO秘密基地の真相を求め、現場を歩く。(河出書房新社 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  10. 10

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

もっと見る