日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「空飛ぶ円盤が墜落した町へ 北南米編」佐藤健寿著

 世界のオカルトスポットを訪ね歩くフォトリポート。

 世界中のUFO研究家が、米政府が異星人と密約を結び、つくり上げた超機密施設と信じる米国ネバダ州にある「エリア51」。同施設は、普通の地図には書かれておらず、砂漠の道なき道を進まなければならない。まずは、宿場町レイチェルにあるエリア51の「公式観測所」にしてレストランと宿屋を経営する「リトル・エイリイン」に立ち寄り、エリア51の地図を購入。同所でエリア51研究の第一人者と親交を結び、いよいよ、厳戒の施設に向かう。その他、ロズウェルUFO墜落事件や、南米のナチスUFO秘密基地の真相を求め、現場を歩く。(河出書房新社 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事