「戦場観光~シリアで最も有名な日本人」藤本敏文著

公開日: 更新日:

 内戦が続くシリアの最前線を何度も訪ねてきた著者による戦場旅行記。

 トラック運転手の著者は、離婚後、子どもと会えない寂しさを紛らわせようと、海外旅行へ出かけ、カンボジアの子どもたちへの支援などを重ねてきた。やがて「アラブの春」を迎えた中東に目が向き、デモを見てみたいと2011年12月、シリアへ。大規模デモを建物から見学しているときに政府軍に銃撃された氏は、反政府デモのステージに招かれ、彼らと一体感を味わう。その興奮が忘れられず、以後、度々シリアに入国。知り合った人々に導かれ、砲弾が飛び交う戦場に足を運んできた。政府軍支持派から殺害予告まで出ているという氏だが、あくまでも旅行者の視点で戦場の現実をリポート。(幻冬舎 1500円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る