「戦場観光~シリアで最も有名な日本人」藤本敏文著

公開日:  更新日:

 内戦が続くシリアの最前線を何度も訪ねてきた著者による戦場旅行記。

 トラック運転手の著者は、離婚後、子どもと会えない寂しさを紛らわせようと、海外旅行へ出かけ、カンボジアの子どもたちへの支援などを重ねてきた。やがて「アラブの春」を迎えた中東に目が向き、デモを見てみたいと2011年12月、シリアへ。大規模デモを建物から見学しているときに政府軍に銃撃された氏は、反政府デモのステージに招かれ、彼らと一体感を味わう。その興奮が忘れられず、以後、度々シリアに入国。知り合った人々に導かれ、砲弾が飛び交う戦場に足を運んできた。政府軍支持派から殺害予告まで出ているという氏だが、あくまでも旅行者の視点で戦場の現実をリポート。(幻冬舎 1500円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る