「戦場観光~シリアで最も有名な日本人」藤本敏文著

公開日:  更新日:

 内戦が続くシリアの最前線を何度も訪ねてきた著者による戦場旅行記。

 トラック運転手の著者は、離婚後、子どもと会えない寂しさを紛らわせようと、海外旅行へ出かけ、カンボジアの子どもたちへの支援などを重ねてきた。やがて「アラブの春」を迎えた中東に目が向き、デモを見てみたいと2011年12月、シリアへ。大規模デモを建物から見学しているときに政府軍に銃撃された氏は、反政府デモのステージに招かれ、彼らと一体感を味わう。その興奮が忘れられず、以後、度々シリアに入国。知り合った人々に導かれ、砲弾が飛び交う戦場に足を運んできた。政府軍支持派から殺害予告まで出ているという氏だが、あくまでも旅行者の視点で戦場の現実をリポート。(幻冬舎 1500円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る