「下山事件 暗殺者たちの夏」柴田哲孝著

公開日:  更新日:

 昭和24年5月、行政機関の職員26万余人を整理する「定員法」が可決。時同じくして「日本国有鉄道公社」が発足、初代総裁に下山定則が就任する。10万人規模の人員整理を課せられた下山は、他の労組からも馘首の象徴としてやり玉に挙げられる。

 下山は、国鉄労働組合の右派勢力の情報を集める一方、日本交通公社を通じて旧満州鉄道の残党が設立した出版社に裏金が流れている証拠をつかむ。出版社の背後には、GHQのG2(参謀第2部)直属の特務機関の総帥・八板が社長を務める亜細亜産業がいた。下山の不穏な動きに気づいた八板は、機関のメンバーを動かす。

 事件関係者を祖父に持つ著者が、昭和史最大の謎の真相に迫る長編小説。

(祥伝社 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る