• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「救済のゲーム」河合莞爾著

 全米プロゴルフ選手権最終日最終組。首位に立つニックは、18番ホールのティーショットを右の林に打ち込んでしまう。ボールは見つからず、キャディーのライアンは、「神の木」と呼ばれ恐れられている巨木の上に載っているかもしれないと足をかける。その昔、神の木に登った騎兵隊の隊長が雷に打たれ落下、脇に立つ木柱に串刺しになったと伝説が残る木だ。ボールは違う場所で見つかり、ニックは歴史的な優勝を果たす。翌年、同じコースで全米オープンが開催。練習ラウンドスタート前の火曜日の早朝、神の木のそばで、串刺しになった黒焦げのライアンの遺体が見つかる。

 ゴルファー心理を巧みに織り込みながら描く長編ミステリー。(新潮社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  3. 3

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  4. 4

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  5. 5

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  6. 6

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

  9. 9

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  10. 10

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

もっと見る