• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「救済のゲーム」河合莞爾著

 全米プロゴルフ選手権最終日最終組。首位に立つニックは、18番ホールのティーショットを右の林に打ち込んでしまう。ボールは見つからず、キャディーのライアンは、「神の木」と呼ばれ恐れられている巨木の上に載っているかもしれないと足をかける。その昔、神の木に登った騎兵隊の隊長が雷に打たれ落下、脇に立つ木柱に串刺しになったと伝説が残る木だ。ボールは違う場所で見つかり、ニックは歴史的な優勝を果たす。翌年、同じコースで全米オープンが開催。練習ラウンドスタート前の火曜日の早朝、神の木のそばで、串刺しになった黒焦げのライアンの遺体が見つかる。

 ゴルファー心理を巧みに織り込みながら描く長編ミステリー。(新潮社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る