「たすけて、おとうさん」大岡玲著

公開日: 更新日:

 大学生のマツキ君は、失踪した父親が残した借金を、夜勤のアルバイトで少しずつ返済している。学年末、再び休学を考えていたとき、顔見知りの教師と言葉を交わす。新学期からのゼミで童話を扱うと聞き、1年生のときに聴講したゼミで「ピノキオ」の話題が出たことを思い出す。本当のピノキオは、人間になるどころか狐と猫にだまされて、しばり首にされてしまうのだ。教師の話を耳にしながらマツキ君の脳裏には、溺れている自分を笑っている父親といういつも見る夢が浮かんでいた(表題作)。他、ヘミングウェー「老人と海」やカフカ「変身」など古典的名作とのコラボレーションから生まれた12作品を収録。

(平凡社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る

人気キーワード