「たすけて、おとうさん」大岡玲著

公開日:  更新日:

 大学生のマツキ君は、失踪した父親が残した借金を、夜勤のアルバイトで少しずつ返済している。学年末、再び休学を考えていたとき、顔見知りの教師と言葉を交わす。新学期からのゼミで童話を扱うと聞き、1年生のときに聴講したゼミで「ピノキオ」の話題が出たことを思い出す。本当のピノキオは、人間になるどころか狐と猫にだまされて、しばり首にされてしまうのだ。教師の話を耳にしながらマツキ君の脳裏には、溺れている自分を笑っている父親といういつも見る夢が浮かんでいた(表題作)。他、ヘミングウェー「老人と海」やカフカ「変身」など古典的名作とのコラボレーションから生まれた12作品を収録。

(平凡社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る