「たすけて、おとうさん」大岡玲著

公開日: 更新日:

 大学生のマツキ君は、失踪した父親が残した借金を、夜勤のアルバイトで少しずつ返済している。学年末、再び休学を考えていたとき、顔見知りの教師と言葉を交わす。新学期からのゼミで童話を扱うと聞き、1年生のときに聴講したゼミで「ピノキオ」の話題が出たことを思い出す。本当のピノキオは、人間になるどころか狐と猫にだまされて、しばり首にされてしまうのだ。教師の話を耳にしながらマツキ君の脳裏には、溺れている自分を笑っている父親といういつも見る夢が浮かんでいた(表題作)。他、ヘミングウェー「老人と海」やカフカ「変身」など古典的名作とのコラボレーションから生まれた12作品を収録。

(平凡社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  2. 2

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  6. 6

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  9. 9

    巨人50勝一番乗り&リーグ貯金独り占めで「CS不要論」再燃

  10. 10

    仙道敦子は脇役で存在感だが…夫・緒形直人の気になる今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る