「七夕の雨闇―毒草師―」高田崇史著

公開日: 更新日:

 能楽師の幸庵が自宅稽古場で不審死。死因は毒殺だったが、毒物の特定ができない。幸庵は、親戚でもある星祭家が宮司を務める京都・織姫神社の能楽堂で「井筒」を舞う予定だった。京都府警の村田らは、幸庵の息子・敬二郎や星祭家の面々から話を聞く。同じころ、東京の医薬品情報誌の編集者・西田は、織姫神社の宮司の姪・文香の友人で新入社員の響子に頼まれ、毒草を専門に扱い毒草師と名乗っている史紋を紹介する。史紋によると、幸庵はあらゆる毒に耐性のある「解毒斎」として彼らの間では有名だったという。そんな中、敬二郎も何者かに毒殺される。

 事件の闇に潜む七夕伝説の謎に迫る歴史民俗学ミステリー。

(新潮社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  2. 2

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  3. 3

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  4. 4

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  5. 5

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  6. 6

    「ぎぼむす」vs「奥様は、」綾瀬はるか次回作の熾烈争奪戦

  7. 7

    「Heaven?」好発進は“PR効果”?石原さとみに訪れた正念場

  8. 8

    NHKとテレ東は参院選開票特番「もう、やめたい」が本音

  9. 9

    コンビでカビ臭い部屋に住む宮下草薙 私生活は「真逆」

  10. 10

    「輸出規制」で本当に困るのは韓国ではなく日本だ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る