「七夕の雨闇―毒草師―」高田崇史著

公開日: 更新日:

 能楽師の幸庵が自宅稽古場で不審死。死因は毒殺だったが、毒物の特定ができない。幸庵は、親戚でもある星祭家が宮司を務める京都・織姫神社の能楽堂で「井筒」を舞う予定だった。京都府警の村田らは、幸庵の息子・敬二郎や星祭家の面々から話を聞く。同じころ、東京の医薬品情報誌の編集者・西田は、織姫神社の宮司の姪・文香の友人で新入社員の響子に頼まれ、毒草を専門に扱い毒草師と名乗っている史紋を紹介する。史紋によると、幸庵はあらゆる毒に耐性のある「解毒斎」として彼らの間では有名だったという。そんな中、敬二郎も何者かに毒殺される。

 事件の闇に潜む七夕伝説の謎に迫る歴史民俗学ミステリー。

(新潮社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る