• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「繭と絆 富岡製糸場ものがたり」植松三十里著

 新設の製糸工場の場長に就任した尾高惇忠は、富岡に単身赴任して、普請から立ち会っていた。ある日、自宅に戻った惇忠は、14歳の長女・勇に工女となるよう命じる。勇は、以前、志願したときは認めてくれなかった父親の心変わりに戸惑う。おまけに惇忠は、決まっていた勇の縁談も3年延期すると言い出す。いいなずけの清三郎に励まされ、父に連れられ富岡に赴いた勇だが、完成したばかりの製糸場には、同僚となるはずの工女は一人も見当たらない。国が雇ったお抱え外国人を恐れて、工女が集まっていなかったのだ。勇は、自分が工女集めに利用されることを知り、憤慨する。

 富岡製糸場興隆の基礎を築いた父娘の絆を描く長編小説。(文藝春秋 1600円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    「ボラ申し込まなければいい」発言 IOCコーツの正体とカネ

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

もっと見る