「繭と絆 富岡製糸場ものがたり」植松三十里著

公開日: 更新日:

 新設の製糸工場の場長に就任した尾高惇忠は、富岡に単身赴任して、普請から立ち会っていた。ある日、自宅に戻った惇忠は、14歳の長女・勇に工女となるよう命じる。勇は、以前、志願したときは認めてくれなかった父親の心変わりに戸惑う。おまけに惇忠は、決まっていた勇の縁談も3年延期すると言い出す。いいなずけの清三郎に励まされ、父に連れられ富岡に赴いた勇だが、完成したばかりの製糸場には、同僚となるはずの工女は一人も見当たらない。国が雇ったお抱え外国人を恐れて、工女が集まっていなかったのだ。勇は、自分が工女集めに利用されることを知り、憤慨する。

 富岡製糸場興隆の基礎を築いた父娘の絆を描く長編小説。(文藝春秋 1600円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  5. 5

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    「ご三家に合格する子」の家庭環境をプロ家庭教師が明かす

  8. 8

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  9. 9

    巨人は首位浮上も…守護神マシソン“傷だらけ”で離脱危機

  10. 10

    高嶋ちさ子“毒舌”を否定「これでも歯に衣着せてるんです」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る