「日本一サービスにうるさい街で、古すぎるキャバレーがなぜ愛され続けるのか」山崎征一郎著

公開日:  更新日:

 老舗キャバレー、銀座「白ばら」の元店長がつづったエッセー集。

 1931年に創業した同店の常連客には作家や俳優も名を連ね、二・二六事件の青年将校らも事件前日まで通ったという。在籍ホステスは200人以上。入り口に飾られた日本地図に全員の名札が出身地別にかかり、同郷のホステスを指名できる。18歳から同店で働き始めた氏は、社長の右腕としてオイルショックやバブル崩壊などいくつもの危機を乗り越えてきた。何十年も一線で指名を取り続けるベテランホステスの客への気配りや、繁盛店ではなく廃業間近の店に潜入視察に行き、つぶれる原因を探すという店改善のたゆまぬ努力など。その経営哲学におもてなしの心を学ぶ。(ダイヤモンド社 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る