「日本一サービスにうるさい街で、古すぎるキャバレーがなぜ愛され続けるのか」山崎征一郎著

公開日:  更新日:

 老舗キャバレー、銀座「白ばら」の元店長がつづったエッセー集。

 1931年に創業した同店の常連客には作家や俳優も名を連ね、二・二六事件の青年将校らも事件前日まで通ったという。在籍ホステスは200人以上。入り口に飾られた日本地図に全員の名札が出身地別にかかり、同郷のホステスを指名できる。18歳から同店で働き始めた氏は、社長の右腕としてオイルショックやバブル崩壊などいくつもの危機を乗り越えてきた。何十年も一線で指名を取り続けるベテランホステスの客への気配りや、繁盛店ではなく廃業間近の店に潜入視察に行き、つぶれる原因を探すという店改善のたゆまぬ努力など。その経営哲学におもてなしの心を学ぶ。(ダイヤモンド社 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る