「永遠の夏 戦争小説集」 五木寛之・城山三郎ほか著 末國善己編

公開日: 更新日:

 戦争をテーマにした名作を編んだアンソロジー。

 ジャーナリストの「私」の祖父が81歳で死去。生前、私物はすべて処分されていたが、一通の手紙が残っていた。差出人の八雲は、戦時中にハルビン特務機関の情報将校を務め、戦後は財界の黒幕として暗躍した男だった。敬愛する祖父の人生の空白を埋めようと私は八雲に会いに行く。

 しかし、手紙の存在を知った八雲は態度が急変、会見は打ち切られる。15年後、八雲から呼び出され、再び私は彼に会いに行く。彼の口から語られたのは、昭和14年のノモンハン事件の2カ月前に起きた出来事だった。(柴田哲孝著「草原に咲く一輪の花」)

 ほか、真珠湾攻撃や広島原爆などを描いた14作を収録。(実業之日本社 880円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  2. 2

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  3. 3

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  4. 4

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  8. 8

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  9. 9

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  10. 10

    嵐・櫻井翔が24日に都内高級ホテルで結納?怪情報が拡散中

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る