• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ねむり鬼剣」鳥羽亮著

 隠居した元御家人の宗八郎は、口入れ屋の安田屋に剣の腕を見込まれ、「御助け人」の一人となる。御助け人とは、安田屋が従来の仕事とは別に請け負う、もめ事の仲裁や警護などに関わる者たちのことだ。ある朝、薬種問屋の福松屋の主人・長右衛門が安田屋のうわさを聞きつけ、助けを求めてきた。娘のおさよが、5日前に浅草寺にお参りに行ったまま戻らないというのだ。宗八郎は駆け落ちを疑うが、長右衛門に心当たりはないという。宗八郎と仲間の神谷はおさよの探索を引き受ける。安田屋の主・徳兵衛によると、実は老舗の料理屋三島屋からも同様の依頼があり、御助け人の佐久らが動いているという。

「駆込み宿 影始末」シリーズ第2弾書き下ろし。(講談社 610円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る