「ねむり鬼剣」鳥羽亮著

公開日:  更新日:

 隠居した元御家人の宗八郎は、口入れ屋の安田屋に剣の腕を見込まれ、「御助け人」の一人となる。御助け人とは、安田屋が従来の仕事とは別に請け負う、もめ事の仲裁や警護などに関わる者たちのことだ。ある朝、薬種問屋の福松屋の主人・長右衛門が安田屋のうわさを聞きつけ、助けを求めてきた。娘のおさよが、5日前に浅草寺にお参りに行ったまま戻らないというのだ。宗八郎は駆け落ちを疑うが、長右衛門に心当たりはないという。宗八郎と仲間の神谷はおさよの探索を引き受ける。安田屋の主・徳兵衛によると、実は老舗の料理屋三島屋からも同様の依頼があり、御助け人の佐久らが動いているという。

「駆込み宿 影始末」シリーズ第2弾書き下ろし。(講談社 610円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る