• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「シャッター通りの死にぞこない」福澤徹三著

 闇金で働いていた「おれ」は、社長の斧田に殺されかけ、会社の金3000万を持って逃げ出す。逃走中、空腹を満たすために寂れた田舎町・子鹿町に降り立ったところ、スナックで居合わせた客の賢吾から話しかけられ、事前に用意していた通りイベント会社の社長だと名乗る。

 そして、商店街の青年部に所属する賢吾から、町おこしのイベントを手伝って欲しいと頼まれ、渋々打ち合わせに参加しているうちに、実家の洋装店を手伝う真衣に一目惚れし、その夜も街にとどまってしまう。翌朝、金を入れたアタッシェケースが消えていることに気づいたおれは、イベントを手伝うふりをしながら犯人を捜す――。

 ブラックユーモアに満ちた痛快コメディー。(双葉社 657円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

もっと見る