「シャッター通りの死にぞこない」福澤徹三著

公開日:  更新日:

 闇金で働いていた「おれ」は、社長の斧田に殺されかけ、会社の金3000万を持って逃げ出す。逃走中、空腹を満たすために寂れた田舎町・子鹿町に降り立ったところ、スナックで居合わせた客の賢吾から話しかけられ、事前に用意していた通りイベント会社の社長だと名乗る。

 そして、商店街の青年部に所属する賢吾から、町おこしのイベントを手伝って欲しいと頼まれ、渋々打ち合わせに参加しているうちに、実家の洋装店を手伝う真衣に一目惚れし、その夜も街にとどまってしまう。翌朝、金を入れたアタッシェケースが消えていることに気づいたおれは、イベントを手伝うふりをしながら犯人を捜す――。

 ブラックユーモアに満ちた痛快コメディー。(双葉社 657円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る