「シャッター通りの死にぞこない」福澤徹三著

公開日:  更新日:

 闇金で働いていた「おれ」は、社長の斧田に殺されかけ、会社の金3000万を持って逃げ出す。逃走中、空腹を満たすために寂れた田舎町・子鹿町に降り立ったところ、スナックで居合わせた客の賢吾から話しかけられ、事前に用意していた通りイベント会社の社長だと名乗る。

 そして、商店街の青年部に所属する賢吾から、町おこしのイベントを手伝って欲しいと頼まれ、渋々打ち合わせに参加しているうちに、実家の洋装店を手伝う真衣に一目惚れし、その夜も街にとどまってしまう。翌朝、金を入れたアタッシェケースが消えていることに気づいたおれは、イベントを手伝うふりをしながら犯人を捜す――。

 ブラックユーモアに満ちた痛快コメディー。(双葉社 657円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る