「八月の光・あとかた」朽木祥著

公開日:  更新日:

 その日の朝、真知子は出征中の夫に供えた「陰膳が落ちた」ことを理由に勤労奉仕を休むと言い出す。真知子は橘川さんとともに産業奨励館(後の原爆ドーム)近くの郵便局で勤労奉仕をしていた。昔から、災いの予兆を言い当ててきた真知子を無理強いする者はいない。

 13歳の娘・昭子は、祖母のタツに頼まれ、登校途中に橘川さんの家に寄り母が休むことを伝える。駅で汽車を待っていると、強烈な光に叩かれ、気が付くと線路に吹き飛ばされていた。何が起きたかも分からずその場から逃げ出した昭子は、川に向かって歩く人であって人でなくなってしまった人々の行列を目にする。(「雛の顔」)

 原爆投下直後のヒロシマを生き残った人々の視点から描いた連作集。(小学館 540円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る