「人類を変えた素晴らしき10の材料」マーク・ミーオドヴニク著 松井信彦訳

公開日:  更新日:

 著者が大学院生のころ、映画を見に行ったら、「なんで近ごろの菓子はみんなプラスチック袋入りで売られている?」と男がぼやいていた。それは違う。あらゆる材料のなかでいちばん映画館に存在する権利があるのはプラスチックなのだ。実はプラスチックは、ビリヤードのボールが象牙で作られていたころ、象牙が高騰したため、象牙に代わる材料を発明した者に1万ドルの賞金が供されたことがきっかけで生まれた。映画のフィルムもこの軟らかくて透明な材料でできているのだ。

 他に、ローマ人が水道橋や船を造る材料となった鉄と鋼鉄などの材料を、ロンドン大学「材料と社会」学部の教授が紹介。(インターシフト 2100円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る