「ゾンビ日記2死の舞踏」押井守著

公開日: 更新日:

 ゾンビによってすべての者が死に絶えた世界でただ一人生き残った女は、発電機や貯水塔を備えた西洋建築で暮らしていた。食べ物は保存食のみ。壊れかけたトイレやシャワーを全力で修理するのは、それが彼女が〈舞台〉に立つために必要だからだ。彼女は原宿のショッピングモールでドレスに合うアクセサリーを選び、念入りにメークして外に出、通りに現れる〈死者〉を撃つ。狙撃によって〈死者〉を弔うために。帰宅してモーツァルトのピアノ協奏曲24番を聴く。それは彼女に銃の撃ち方を教えたあの男が好んだ曲だった。やがて彼女にも〈仔犬が訪ねてくる日〉がやってくる。

 衝撃的な「ゾンビ日記」の続編。

(角川春樹事務所 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  3. 3

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  6. 6

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  7. 7

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  8. 8

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  9. 9

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る