「ゾンビ日記2死の舞踏」押井守著

公開日:  更新日:

 ゾンビによってすべての者が死に絶えた世界でただ一人生き残った女は、発電機や貯水塔を備えた西洋建築で暮らしていた。食べ物は保存食のみ。壊れかけたトイレやシャワーを全力で修理するのは、それが彼女が〈舞台〉に立つために必要だからだ。彼女は原宿のショッピングモールでドレスに合うアクセサリーを選び、念入りにメークして外に出、通りに現れる〈死者〉を撃つ。狙撃によって〈死者〉を弔うために。帰宅してモーツァルトのピアノ協奏曲24番を聴く。それは彼女に銃の撃ち方を教えたあの男が好んだ曲だった。やがて彼女にも〈仔犬が訪ねてくる日〉がやってくる。

 衝撃的な「ゾンビ日記」の続編。

(角川春樹事務所 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る