「現代語訳 好色一代男」吉井勇訳

公開日: 更新日:

 生涯恋に身を悩まし、交わった女の数が3742人、加えて男色の相手も725人という世之介の生涯を描いた江戸時代の文豪・井原西鶴の代表作。近代を代表する歌人による名訳の復刻版。

 島原に通い詰めた父・夢介が身請けした3人の遊女の一人を母にして生まれた世之介は、まだ男女の関係がどういうものか分からない7歳のときから側仕えの女中にちょっかいを出し、部屋にこもっては集めた春本を読みふけり、手習いの師匠に恋文を代書させる始末。10歳になると行きずりの男に自ら進んで契りを求めるほどの早熟ぶりに相手もひるむほどだ。

 勘当後は、永遠の夢の女を求め、さまざまな境遇の人々と関係を持ちながら津々浦々を歩きまわる。(岩波書店 980円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  4. 4

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  7. 7

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  10. 10

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

もっと見る

人気キーワード