「現代語訳 好色一代男」吉井勇訳

公開日: 更新日:

 生涯恋に身を悩まし、交わった女の数が3742人、加えて男色の相手も725人という世之介の生涯を描いた江戸時代の文豪・井原西鶴の代表作。近代を代表する歌人による名訳の復刻版。

 島原に通い詰めた父・夢介が身請けした3人の遊女の一人を母にして生まれた世之介は、まだ男女の関係がどういうものか分からない7歳のときから側仕えの女中にちょっかいを出し、部屋にこもっては集めた春本を読みふけり、手習いの師匠に恋文を代書させる始末。10歳になると行きずりの男に自ら進んで契りを求めるほどの早熟ぶりに相手もひるむほどだ。

 勘当後は、永遠の夢の女を求め、さまざまな境遇の人々と関係を持ちながら津々浦々を歩きまわる。(岩波書店 980円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る