「悪の力」姜尚中著

公開日: 更新日:

 60代半ばにして「悪が人の中に巣くい、病原菌のように人の心を蝕んでいく悪の連鎖」を目の当たりにした著者が、悪とは何か、悪とどう向き合えばよいのかを考察した思索の書。

 川崎市中1男子生徒殺害事件や名古屋大女子学生による殺人事件、患者18人が死亡した群馬大病院事件など、世間を震撼させた事件から、聖書や文学作品などに描かれた悪など、さまざまな視点から悪の正体に迫る。一方で、なぜ人間は悪を魅惑的なものとして描くのかと問いを重ね、ネガティブな感情の裏には、芽生えた憎悪のエネルギーを他の人にも共感・理解してもらいたい、人や社会とつながりたいという切なる願いが潜んでいることを明らかにしていく。(集英社 700円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  3. 3

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  6. 6

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  7. 7

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  8. 8

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

  9. 9

    安藤優子も…フジ“聖域”なきリストラの裏の深刻台所事情

  10. 10

    打ち切り説「バイキング」に拡大報道…フジは坂上忍と心中

もっと見る