「悪の力」姜尚中著

公開日: 更新日:

 60代半ばにして「悪が人の中に巣くい、病原菌のように人の心を蝕んでいく悪の連鎖」を目の当たりにした著者が、悪とは何か、悪とどう向き合えばよいのかを考察した思索の書。

 川崎市中1男子生徒殺害事件や名古屋大女子学生による殺人事件、患者18人が死亡した群馬大病院事件など、世間を震撼させた事件から、聖書や文学作品などに描かれた悪など、さまざまな視点から悪の正体に迫る。一方で、なぜ人間は悪を魅惑的なものとして描くのかと問いを重ね、ネガティブな感情の裏には、芽生えた憎悪のエネルギーを他の人にも共感・理解してもらいたい、人や社会とつながりたいという切なる願いが潜んでいることを明らかにしていく。(集英社 700円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  4. 4

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る