「悪の力」姜尚中著

公開日:  更新日:

 60代半ばにして「悪が人の中に巣くい、病原菌のように人の心を蝕んでいく悪の連鎖」を目の当たりにした著者が、悪とは何か、悪とどう向き合えばよいのかを考察した思索の書。

 川崎市中1男子生徒殺害事件や名古屋大女子学生による殺人事件、患者18人が死亡した群馬大病院事件など、世間を震撼させた事件から、聖書や文学作品などに描かれた悪など、さまざまな視点から悪の正体に迫る。一方で、なぜ人間は悪を魅惑的なものとして描くのかと問いを重ね、ネガティブな感情の裏には、芽生えた憎悪のエネルギーを他の人にも共感・理解してもらいたい、人や社会とつながりたいという切なる願いが潜んでいることを明らかにしていく。(集英社 700円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る