「内房線の猫たち 異説里見八犬伝」西村京太郎著

公開日: 更新日:

 酒とケンカに明け暮れる28歳の猫田は、留置場で知り合った小笠原に誘われ、千葉県の館山を訪ねる。小笠原によると、滝沢馬琴の「南総里見八犬伝」のモデルになった里見家の忠臣の名前には、実は犬ではなく猫の文字が入っており、猫田はその末裔だというのだ。親に捨てられ施設で育った猫田は、その話に興味をそそられる。小笠原に連れられていった里見家の菩提寺の住職から見せてもらった資料にも、猫がつく名字が並んでいた。その深夜、ホテルで目覚めた猫田は窓の外を走る蒸気機関車を目撃する。不審を抱く猫田は、戦時中に鉄道連隊があった津田沼に足を運び、小田島という老人と知り合う。

 人気の十津川警部シリーズ最新刊。

(講談社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  4. 4

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  5. 5

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  6. 6

    ソニーだけが1000万円超え 大手電機8社の「平均給与」は

  7. 7

    焼き肉業界に足かけ7年 元ロッテ藤田宗一さんの第二の人生

  8. 8

    あのスルガは801万円の厚遇 銀行の「平均給与」ランク

  9. 9

    マエケンから一発の大谷 球宴HR競争出場をハーパー後押し

  10. 10

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る