「内房線の猫たち 異説里見八犬伝」西村京太郎著

公開日:  更新日:

 酒とケンカに明け暮れる28歳の猫田は、留置場で知り合った小笠原に誘われ、千葉県の館山を訪ねる。小笠原によると、滝沢馬琴の「南総里見八犬伝」のモデルになった里見家の忠臣の名前には、実は犬ではなく猫の文字が入っており、猫田はその末裔だというのだ。親に捨てられ施設で育った猫田は、その話に興味をそそられる。小笠原に連れられていった里見家の菩提寺の住職から見せてもらった資料にも、猫がつく名字が並んでいた。その深夜、ホテルで目覚めた猫田は窓の外を走る蒸気機関車を目撃する。不審を抱く猫田は、戦時中に鉄道連隊があった津田沼に足を運び、小田島という老人と知り合う。

 人気の十津川警部シリーズ最新刊。

(講談社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る