• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「戦争と読書 水木しげる出征前手記」水木しげる、荒俣宏著

 今夏、水木がつづった「出征前手記」が見つかり、話題を呼んだ。本書はその手記と復員後に家族に宛てた戦中書簡を完全収録。さらに門弟を自任する荒俣が、その手記から芸術家志望のまだ無名の青年だった若き水木の思想と実像を読み解いた師弟合作の書。

 手記は、後の水木しげる20歳の本名・武良茂が徴兵検査を受けた直後の昭和17年11月前後に書かれた。そこには自己を押し殺して戦地へと向かう不安や、自分の死をどのように容認すべきか、心の葛藤が赤裸々につづられる。その心のよりどころとなったのがニーチェやゲーテなどの読書だった。荒俣は、水木の読書体験を通じて、戦時下の教養主義的読書の意義を考察する。

(KADOKAWA 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る