「東京鉄道遺産100選」内田宗治著

公開日:  更新日:

 都内に600キロ張り巡らされた路線のうち、JRの6割以上、私鉄でも4割近くの区間が今から100年以上も前に開業したものだという。本書は、沿線の各所に残る鉄道遺産を紹介しながら、その歴史をたどるビジュアル鉄道本。

 JR四ツ谷駅を発着する複々線の線路のうち、総武線下り電車だけが通る重厚な赤れんが造りのトンネル「旧御所トンネル」は、前身の甲武鉄道開業時からのもので、実に120年以上、現役で使われているのだとか。その他、日本で初めて開業した鉄道を現在の東京駅方面に延伸するために造った「新永間市街線」の高架橋や、都内最古の現役木造駅舎・原宿駅など。姿を消しつつある鉄道遺産の中から厳選した100カ所を紹介。(中央公論新社 1050円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る