「蟲息山房から」車谷長吉著

公開日: 更新日:

 おおつごもりの晩に、夢を見た。会社で私と背中合わせに座っている女が黒い靴下を私の机の上に脱ぎ捨てて、49階の窓から飛び降りたのだ。私は周囲の者からいわれのない追及をされた。飛び降りた女は「湿り顔の鼻ペちゃ」だった。正月2日に相模湖に行ったら茶店から狐が出てきておでんと酒を出してくれた。鏡の中の白骨の男が歌う「雨降りお月さん」を聴いていると、酌をしてくれた狐が「こんな顔でしょうか」と言うので見ると、「湿り顔の鼻ぺちゃ」が透けて見えた。産毛が総毛立った。(「死の木」)

 昨年5月に鬼籍に入った著者の小説、エッセー、俳句、対談、日記などを収載した遺稿集。

(新書館 2000円+税)






日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  4. 4

    「長澤会」躍進 東出昌大かばう“男気”に心酔する女優続々

  5. 5

    なぜ芸能界に「自殺」連鎖が…芸能リポーターが憂う“残像”

  6. 6

    自閉症の子が愛する缶詰がコロナで店から消え…幸せな結末

  7. 7

    隠し子疑惑に陰毛事件 坂本1億総活躍相は“下半身ネタ”豊富

  8. 8

    アベノマスクやはり“バカ高”だった…黒塗り忘れで単価バレ

  9. 9

    長澤まさみ20周年に相次ぐ試練…共演者の死と元カレ逮捕

  10. 10

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

もっと見る

人気キーワード