「蟲息山房から」車谷長吉著

公開日:  更新日:

 おおつごもりの晩に、夢を見た。会社で私と背中合わせに座っている女が黒い靴下を私の机の上に脱ぎ捨てて、49階の窓から飛び降りたのだ。私は周囲の者からいわれのない追及をされた。飛び降りた女は「湿り顔の鼻ペちゃ」だった。正月2日に相模湖に行ったら茶店から狐が出てきておでんと酒を出してくれた。鏡の中の白骨の男が歌う「雨降りお月さん」を聴いていると、酌をしてくれた狐が「こんな顔でしょうか」と言うので見ると、「湿り顔の鼻ぺちゃ」が透けて見えた。産毛が総毛立った。(「死の木」)

 昨年5月に鬼籍に入った著者の小説、エッセー、俳句、対談、日記などを収載した遺稿集。

(新書館 2000円+税)






日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る