• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「キッチン戦争」樋口直哉著

 フレンチレストランで働く葉月は、ある日オーナーに呼ばれて、自分が料理コンクールの1次選考を通過したことを告げられる。葉月は応募していなかったが、シェフの荒木のアドバイスでつくった料理を、オーナーが葉月の名前で応募していたのだ。オーナーは女性の料理人を増やしたいと熱い思いを語るが、なぜか荒木は協力しようとしない。葉月の亡き祖父はフランス料理の有名な料理人だったが、葉月が祖父の書斎で見つけた写真になぜか荒木が写っていた。荒木はかつて祖父の弟子だったのだ。
 店にやってきた謎の客に導かれて、一流の料理人を目指す女性を描く料理小説。(講談社 1600円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る