「房総の列車が停まった日」西村京太郎著

公開日:  更新日:

 十津川は、東京郊外の空き別荘で起きた殺人事件の捜査に着手。現場の床には将棋盤のマス目のように白い線が書き込まれていた。犯人は人間将棋で被害者を追い詰め、爆死させたようだ。やがて、現場に残されていた将棋の駒が、前年の名人戦で使われた貴重な駒だと分かる。

 そんな中、犯人からと思われる殺人予告が本庁に届く。予告通り千葉の海岸で見つかった被害者の喉から、将棋の駒が出てくる。さらに、続いて他殺体で発見された女子大生の携帯電話にも、将棋の駒が結ばれていた。十津川らが3人の共通点を探すと、被害者たちの祖父が戦時中、同じ戦地にいたことが分かる。

 将棋の駒に導かれ、70年前の戦場の悲劇が明らかになる長編ミステリー。(KADOKAWA 840円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  2. 2

    金銭より年数で…FA浅村の楽天入りは“ゆとり世代”ならでは

  3. 3

    特捜部を待つゴーンの徹底抗戦 “人質司法”には絶対屈しない

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    清水国明は68歳で第5子 芸能界“高齢パパ”の気になる共通項

  6. 6

    先輩2人が大減俸…オリFA西「2度目の交渉」は別れの挨拶か

  7. 7

    提示は5億円減 オリ金子「自由契約ある」で巨人入り怪情報

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  10. 10

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

もっと見る