「房総の列車が停まった日」西村京太郎著

公開日: 更新日:

 十津川は、東京郊外の空き別荘で起きた殺人事件の捜査に着手。現場の床には将棋盤のマス目のように白い線が書き込まれていた。犯人は人間将棋で被害者を追い詰め、爆死させたようだ。やがて、現場に残されていた将棋の駒が、前年の名人戦で使われた貴重な駒だと分かる。

 そんな中、犯人からと思われる殺人予告が本庁に届く。予告通り千葉の海岸で見つかった被害者の喉から、将棋の駒が出てくる。さらに、続いて他殺体で発見された女子大生の携帯電話にも、将棋の駒が結ばれていた。十津川らが3人の共通点を探すと、被害者たちの祖父が戦時中、同じ戦地にいたことが分かる。

 将棋の駒に導かれ、70年前の戦場の悲劇が明らかになる長編ミステリー。(KADOKAWA 840円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  3. 3

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  4. 4

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  5. 5

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  6. 6

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  7. 7

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  8. 8

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

  9. 9

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  10. 10

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

もっと見る

人気キーワード