• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「戦国武将の実力」小和田哲男著

 1000人以上もいるという戦国武将から選りすぐった111人の履歴と業績を紹介、その実力を評価する武将名鑑。

 守護大名・今川氏の一食客の身から、一代で伊豆・相模2カ国の戦国大名にのし上がった北条早雲(伊勢宗瑞)。合戦では奇襲・謀略を多用し悪名高いが、領国経営には真摯な態度で臨み、短期間で伊豆平定に成功したのも減税や福祉政策を実行したからだという。各大名を「先見性」「統率力」「教養」「実行力」「企画力」の5項目で5段階評価。早雲は信長、秀吉、家康と並ぶ23点の最高評価だ。以下、最低11点の家康の長男・松平信康まで、お馴染みの大名たちの真価をランク付け。時代小説のサブテキストとしても最適。(中央公論新社 840円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

もっと見る