「戦国武将の実力」小和田哲男著

公開日:  更新日:

 1000人以上もいるという戦国武将から選りすぐった111人の履歴と業績を紹介、その実力を評価する武将名鑑。

 守護大名・今川氏の一食客の身から、一代で伊豆・相模2カ国の戦国大名にのし上がった北条早雲(伊勢宗瑞)。合戦では奇襲・謀略を多用し悪名高いが、領国経営には真摯な態度で臨み、短期間で伊豆平定に成功したのも減税や福祉政策を実行したからだという。各大名を「先見性」「統率力」「教養」「実行力」「企画力」の5項目で5段階評価。早雲は信長、秀吉、家康と並ぶ23点の最高評価だ。以下、最低11点の家康の長男・松平信康まで、お馴染みの大名たちの真価をランク付け。時代小説のサブテキストとしても最適。(中央公論新社 840円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る