• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「2020 狂騒の東京オリンピック」吉野次郎著

 新国立競技場の建設をめぐる騒動があったが、これは、明治天皇をしのぶために造られた神宮外苑にある国立の施設ということで、思い入れが強いということが足かせになっている。

 また、スポーツは心身を鍛えるためのものなので、金儲けは卑しいという価値観にとらわれて、テレビの放映権料も取らないため、選手の発掘や強化もままならない。日本に近代スポーツを伝えたイギリス人のストレンジが、スポーツは上流階級のものとして労働者階級を締め出したことも日本のアマチュアリズムに引き継がれたという。東京五輪までは補助金を増やしても、その後は? スポーツ界の病理を指摘する警告の書。
(日経BP社 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る