• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「フェイバリット・シングス」村崎友著

 六呂田録郎は推理作家。自分と同名の私立探偵が主人公の小説を書いている。

 締め切りが迫ったある日、愛犬を散歩させているとき、女子大生っぽい女になぜかテレビの配線を頼まれた。その夜、突然、頭の半分がスキンヘッド、半分を赤く染めた髪の男が侵入してきた。娘の奈々が大ファンのバンドのギタリストだった。200万円のビンテージギターを盗まれたので取り戻してほしいという。俺って私立探偵だっけ? とりあえず翌日、テレビの配線に行ってみると、ドアを震わす大音響のエレキギターの音が……。(「蜂蜜とホームラン」)

 作品の主人公と自分がいっしょくたになる頼りない男の物語6編。
(光文社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る