「フェイバリット・シングス」村崎友著

公開日: 更新日:

 六呂田録郎は推理作家。自分と同名の私立探偵が主人公の小説を書いている。

 締め切りが迫ったある日、愛犬を散歩させているとき、女子大生っぽい女になぜかテレビの配線を頼まれた。その夜、突然、頭の半分がスキンヘッド、半分を赤く染めた髪の男が侵入してきた。娘の奈々が大ファンのバンドのギタリストだった。200万円のビンテージギターを盗まれたので取り戻してほしいという。俺って私立探偵だっけ? とりあえず翌日、テレビの配線に行ってみると、ドアを震わす大音響のエレキギターの音が……。(「蜂蜜とホームラン」)

 作品の主人公と自分がいっしょくたになる頼りない男の物語6編。
(光文社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  5. 5

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  6. 6

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

  9. 9

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  10. 10

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

もっと見る