「フェイバリット・シングス」村崎友著

公開日: 更新日:

 六呂田録郎は推理作家。自分と同名の私立探偵が主人公の小説を書いている。

 締め切りが迫ったある日、愛犬を散歩させているとき、女子大生っぽい女になぜかテレビの配線を頼まれた。その夜、突然、頭の半分がスキンヘッド、半分を赤く染めた髪の男が侵入してきた。娘の奈々が大ファンのバンドのギタリストだった。200万円のビンテージギターを盗まれたので取り戻してほしいという。俺って私立探偵だっけ? とりあえず翌日、テレビの配線に行ってみると、ドアを震わす大音響のエレキギターの音が……。(「蜂蜜とホームラン」)

 作品の主人公と自分がいっしょくたになる頼りない男の物語6編。
(光文社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  3. 3

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  4. 4

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  5. 5

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  6. 6

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  7. 7

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  8. 8

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  9. 9

    正代初Vも「番付不在」と評論家苦言…白鵬は延命で高笑い

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る

人気キーワード