テロと紛争のいま 世界各地で頻発し始めたテロとどう向き合うか

公開日:  更新日:

「イスラム聖戦テロの脅威」松本光弘著

 最近のテロ関連書はイスラムやアラブ地域の専門家によるものが多いが、本書の著者は警察庁外事情報部長。つまり日本の諜報機関の現場トップだ。それだけに本書は、イスラム過激派がどのような過程で現在のように過激化したのか、過激派内の主導権争いはどうなっているのかなどを単刀直入に明らかにしていく。

 イスラム過激派の歴史的起源は19世紀の西欧植民地体制だが、現代的には1979年、イラン革命が起こった時に始まる。イスラム暦で1400年代の始まりになったこの年、エジプトはイスラエルと平和条約を締結。年末にはソ連がアフガン侵攻を開始した。

 エジプトのサダト大統領は裏切り者としてジハード団に暗殺され、アフガン戦争はソ連つぶしの好機とみた米国の介入でアフガン義勇兵の勝利に終わる。だが、ここにイスラム各国の過激分子が流れ込み、やがて米国に牙をむくのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

もっと見る