テロと紛争のいま 世界各地で頻発し始めたテロとどう向き合うか

公開日:  更新日:

「イスラム聖戦テロの脅威」松本光弘著

 最近のテロ関連書はイスラムやアラブ地域の専門家によるものが多いが、本書の著者は警察庁外事情報部長。つまり日本の諜報機関の現場トップだ。それだけに本書は、イスラム過激派がどのような過程で現在のように過激化したのか、過激派内の主導権争いはどうなっているのかなどを単刀直入に明らかにしていく。

 イスラム過激派の歴史的起源は19世紀の西欧植民地体制だが、現代的には1979年、イラン革命が起こった時に始まる。イスラム暦で1400年代の始まりになったこの年、エジプトはイスラエルと平和条約を締結。年末にはソ連がアフガン侵攻を開始した。

 エジプトのサダト大統領は裏切り者としてジハード団に暗殺され、アフガン戦争はソ連つぶしの好機とみた米国の介入でアフガン義勇兵の勝利に終わる。だが、ここにイスラム各国の過激分子が流れ込み、やがて米国に牙をむくのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る