坂崎重盛
著者のコラム一覧
坂崎重盛編集者、エッセイスト

1942年、東京都生まれ。編集者、エッセイスト。千葉大学造園学科で造園学と風景計画を専攻。著書に、「東京煮込み横丁評判記」「『絵のある』岩波文庫への招待」「粋人粋筆探訪」など多数。BSジャパンの「酒とつまみと男と女」に出演し、不良隠居として人気に。

「トウガラシの世界史」山本紀夫著

公開日:  更新日:

“香辛料キング”発見から品種改良の歴史まで

 居酒屋巡りが大好きな人間なので、卓上のトウガラシには当然、お世話になっている。焼き鳥はもちろん、モツの煮込みにもタップリかける。

 エイヒレはマヨネーズとトウガラシ、それにちょっぴり醤油を垂らせば、がぜん味が引き立つ。

 そんな身近な伝統的スパイス――このトウガラシというものの来歴や文化など考えてみたこともなかった。七味や一味、あるいは赤いタカノツメなど、あまりにも見慣れた食味であるために、その本性など気にも留めなかった。

 著者は植物学を専攻、アンデス栽培植物調査隊の一員として、ペルー、ボリビアなどを踏査しているときに、野生種のトウガラシと出合う。

 さらに専攻を民族学に転向、世界のトウガラシへの文化人類学的関心は一層深まることとなる。

 植物学から民族学へ。これほどトウガラシ文化探究に適した経歴はないだろう。実際、著者は原産地の中南米はもとより、ヨーロッパ、アフリカ、東南アジア、そして中国、韓国とトウガラシのある世界の地域や都市を巡り歩く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  8. 8

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    辺野古土砂投入…沖縄は人でなし首相と縁を切った方がいい

もっと見る