子どもの存在で「老後破産」のリスクが高まる時代に

公開日: 更新日:

「年をとっても家族がいれば大丈夫」。これまで、多くの日本人が老後の安心は家族と共にあると信じて疑わなかった。しかし、NHKスペシャル取材班著「老後親子破産」(講談社 1300円+税)には、家族、とりわけ子どもの存在が、老後のリスクにすらなる時代の到来が克明にルポされている。

 札幌市厚別区では、厚生労働省のモデル事業として2014年から高齢者の相談窓口を設置している。その相談件数を分析してみると、半数を超えるのが「30~50代の子世代について」で、内容は「正社員の仕事がない」「収入が安定しない」など、子世代の将来を不安視するものが最多だったという。

 本書では、実際の世帯にも取材を敢行している。80歳の安田義昭さんは45歳の息子と同居。同居のきっかけは、義昭さんの脳梗塞と、息子の失業が重なったこと。父親の介護をしながら日雇い仕事をする息子の収入は安定せず、日給7500円の仕事も毎日あるわけではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  6. 6

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  7. 7

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る