「彼女に関する十二章」中島京子著

公開日: 更新日:

 50歳をすぎた聖子は、雑文書きの夫が女性論執筆の参考資料として探しだした伊藤整の「女性に関する十二章」を手に取った。「人生の初めに男性に現れる愛情は表現されないで終わるのが常だ」という一文が目に留まった。その日、久世譲という人物から手紙が届いた。それは聖子が小学4年生の夏に、母が預かった友人のカメラマンの息子で、中学生だった久世佑太の死を知らせる手紙だった。聖子は佑太が自分の〈人生の初めに現れた〉初恋の相手だったことを思い出す。

 60年前に書かれた本が現実とリンクしてそれを読んだ女性の人生を変えていく、ロマンチックな長編小説。(中央公論新社 1500円+税)





日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  3. 3

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    巨人小林3カ月ぶり一軍 原監督はトレードする気があるのか

もっと見る