「彼女に関する十二章」中島京子著

公開日: 更新日:

 50歳をすぎた聖子は、雑文書きの夫が女性論執筆の参考資料として探しだした伊藤整の「女性に関する十二章」を手に取った。「人生の初めに男性に現れる愛情は表現されないで終わるのが常だ」という一文が目に留まった。その日、久世譲という人物から手紙が届いた。それは聖子が小学4年生の夏に、母が預かった友人のカメラマンの息子で、中学生だった久世佑太の死を知らせる手紙だった。聖子は佑太が自分の〈人生の初めに現れた〉初恋の相手だったことを思い出す。

 60年前に書かれた本が現実とリンクしてそれを読んだ女性の人生を変えていく、ロマンチックな長編小説。(中央公論新社 1500円+税)





日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  6. 6

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    巨人50勝一番乗り&リーグ貯金独り占めで「CS不要論」再燃

  9. 9

    楽天則本の7年契約にメジャースカウト仲間は肩を落とした

  10. 10

    リオでは45万個配布 東京五輪も“コンドーム戦争”が勃発か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る