「音楽に自然を聴く」小沼純一著

公開日:  更新日:

 テクノロジーの進歩のおかげで、多くの人が「音楽」と呼ぶ再生される音を日常生活のなかで聴くようになった。一度きりの音楽が特定の場で奏でられていた時代と違い、スタジオで何度も演奏された音から良く出来たテークだけを切り張りすることや、別々に録音した音を重ねてひとつの音楽にして好きな場に持ち運んで聴けることが普通になり、日々サイボーグのような音に囲まれている。

 本書は、そんな昨今の音楽を巡る状況を取り払い、人の呼吸やノイズ、虫や鳥の音、川や海や雨が奏でる音、楽器という文化まで取り込みつつ、音楽の根源を探る一冊だ。

 グランドピアノについての描写がある小説「羊と鋼の森」(宮下奈都著 文藝春秋)の一節から始まる本書は、日本の音楽として長唄の藤娘、アルベール・ルーセルのバレエ音楽、フランスの作曲家メシアンによる自然と音楽の考察などにも言及。詩的な文章で幅広い視点から豊かなインスピレーションを与えてくれる。(平凡社 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る