• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「音楽に自然を聴く」小沼純一著

 テクノロジーの進歩のおかげで、多くの人が「音楽」と呼ぶ再生される音を日常生活のなかで聴くようになった。一度きりの音楽が特定の場で奏でられていた時代と違い、スタジオで何度も演奏された音から良く出来たテークだけを切り張りすることや、別々に録音した音を重ねてひとつの音楽にして好きな場に持ち運んで聴けることが普通になり、日々サイボーグのような音に囲まれている。

 本書は、そんな昨今の音楽を巡る状況を取り払い、人の呼吸やノイズ、虫や鳥の音、川や海や雨が奏でる音、楽器という文化まで取り込みつつ、音楽の根源を探る一冊だ。

 グランドピアノについての描写がある小説「羊と鋼の森」(宮下奈都著 文藝春秋)の一節から始まる本書は、日本の音楽として長唄の藤娘、アルベール・ルーセルのバレエ音楽、フランスの作曲家メシアンによる自然と音楽の考察などにも言及。詩的な文章で幅広い視点から豊かなインスピレーションを与えてくれる。(平凡社 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  9. 9

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  10. 10

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

もっと見る