「向田理髪店」奥田英朗著

公開日:  更新日:

 北海道中央部の過疎の町・苫沢町。かつて炭鉱で栄えた町も、今や衰退の一途をたどり、人口流出が止まらない。

 そんな苫沢町の「向田理髪店」の店主・向田康彦は、札幌で大学生活を送って広告会社に就職した後、父親の持病の悪化を機に帰郷して実家の理髪店を継いだ出戻り組。53歳になった今、将来性のない理髪店は自分の代で終わらせるつもりでいたところ、札幌の商事会社で働いていた23歳の長男・和昌が突然、苫沢町に帰ってくると言い出した。

 今から理容師学校に通い、将来はカフェも併設したいと夢を語る息子に対し、康彦は札幌で何かあったのか、過疎地に引っ込んだら嫁も来ないのではないかなどと、心配が尽きないのだが……。

 過疎地の介護問題、都会帰りのスナックママを巡る住民たちのさや当て、映画ロケ地騒動など、小さな町を揺るがすさまざまな事件を描いたハートウオーミングな物語。寂れた町のはずなのに、濃密すぎる田舎の人間模様が実ににぎやかだ。(光文社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る