• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「向田理髪店」奥田英朗著

 北海道中央部の過疎の町・苫沢町。かつて炭鉱で栄えた町も、今や衰退の一途をたどり、人口流出が止まらない。

 そんな苫沢町の「向田理髪店」の店主・向田康彦は、札幌で大学生活を送って広告会社に就職した後、父親の持病の悪化を機に帰郷して実家の理髪店を継いだ出戻り組。53歳になった今、将来性のない理髪店は自分の代で終わらせるつもりでいたところ、札幌の商事会社で働いていた23歳の長男・和昌が突然、苫沢町に帰ってくると言い出した。

 今から理容師学校に通い、将来はカフェも併設したいと夢を語る息子に対し、康彦は札幌で何かあったのか、過疎地に引っ込んだら嫁も来ないのではないかなどと、心配が尽きないのだが……。

 過疎地の介護問題、都会帰りのスナックママを巡る住民たちのさや当て、映画ロケ地騒動など、小さな町を揺るがすさまざまな事件を描いたハートウオーミングな物語。寂れた町のはずなのに、濃密すぎる田舎の人間模様が実ににぎやかだ。(光文社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  5. 5

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  6. 6

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    「オフィス北野」つまみ枝豆社長のかじ取りで渡る三途の川

もっと見る