「向田理髪店」奥田英朗著

公開日: 更新日:

 北海道中央部の過疎の町・苫沢町。かつて炭鉱で栄えた町も、今や衰退の一途をたどり、人口流出が止まらない。

 そんな苫沢町の「向田理髪店」の店主・向田康彦は、札幌で大学生活を送って広告会社に就職した後、父親の持病の悪化を機に帰郷して実家の理髪店を継いだ出戻り組。53歳になった今、将来性のない理髪店は自分の代で終わらせるつもりでいたところ、札幌の商事会社で働いていた23歳の長男・和昌が突然、苫沢町に帰ってくると言い出した。

 今から理容師学校に通い、将来はカフェも併設したいと夢を語る息子に対し、康彦は札幌で何かあったのか、過疎地に引っ込んだら嫁も来ないのではないかなどと、心配が尽きないのだが……。

 過疎地の介護問題、都会帰りのスナックママを巡る住民たちのさや当て、映画ロケ地騒動など、小さな町を揺るがすさまざまな事件を描いたハートウオーミングな物語。寂れた町のはずなのに、濃密すぎる田舎の人間模様が実ににぎやかだ。(光文社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  8. 8

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

もっと見る

人気キーワード