「エミリの小さな包丁」森沢明夫著

公開日: 更新日:

 主人公は、信頼していた人に裏切られ、仕事もお金も居場所も失った25歳のエミリ。両親はエミリが10歳のときに離婚、父親にはすでに別の家庭があり、母親には恋人がいて帰れる家庭はない。

 さらに仲のいい兄は渡米中で頼るわけにもいかない。仕方なく、東京を離れて15年間会っていない祖父の家に転がり込んだ。そこは東京とは全く違う小さな漁師町。ずっと昔に妻を亡くして以来、そんな田舎町にひとりで住んでいた祖父は、何も聞かずエミリを淡々と受け入れる。食卓に並ぶのは、地元の魚や野菜で作ってくれた祖父の料理。一口食べたエミリは、そのおいしさに心を動かされ始めるのだが……。

 高倉健主演映画「あなたへ」の小説版や、吉永小百合主演映画「ふしぎな岬の物語」の小説版でヒットを飛ばし、今年は「夏美のホタル」が映画化された著者による最新作。さまざまな事情を抱えて傷ついた人間が、自分自身を取り戻していく物語を優しくつづっている。

(KADOKAWA 1600円+税)





日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  3. 3

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  4. 4

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  5. 5

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  8. 8

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  9. 9

    7/20~7/26のあなたの運勢

  10. 10

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る