「エミリの小さな包丁」森沢明夫著

公開日:  更新日:

 主人公は、信頼していた人に裏切られ、仕事もお金も居場所も失った25歳のエミリ。両親はエミリが10歳のときに離婚、父親にはすでに別の家庭があり、母親には恋人がいて帰れる家庭はない。

 さらに仲のいい兄は渡米中で頼るわけにもいかない。仕方なく、東京を離れて15年間会っていない祖父の家に転がり込んだ。そこは東京とは全く違う小さな漁師町。ずっと昔に妻を亡くして以来、そんな田舎町にひとりで住んでいた祖父は、何も聞かずエミリを淡々と受け入れる。食卓に並ぶのは、地元の魚や野菜で作ってくれた祖父の料理。一口食べたエミリは、そのおいしさに心を動かされ始めるのだが……。

 高倉健主演映画「あなたへ」の小説版や、吉永小百合主演映画「ふしぎな岬の物語」の小説版でヒットを飛ばし、今年は「夏美のホタル」が映画化された著者による最新作。さまざまな事情を抱えて傷ついた人間が、自分自身を取り戻していく物語を優しくつづっている。

(KADOKAWA 1600円+税)





日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る