• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「エミリの小さな包丁」森沢明夫著

 主人公は、信頼していた人に裏切られ、仕事もお金も居場所も失った25歳のエミリ。両親はエミリが10歳のときに離婚、父親にはすでに別の家庭があり、母親には恋人がいて帰れる家庭はない。

 さらに仲のいい兄は渡米中で頼るわけにもいかない。仕方なく、東京を離れて15年間会っていない祖父の家に転がり込んだ。そこは東京とは全く違う小さな漁師町。ずっと昔に妻を亡くして以来、そんな田舎町にひとりで住んでいた祖父は、何も聞かずエミリを淡々と受け入れる。食卓に並ぶのは、地元の魚や野菜で作ってくれた祖父の料理。一口食べたエミリは、そのおいしさに心を動かされ始めるのだが……。

 高倉健主演映画「あなたへ」の小説版や、吉永小百合主演映画「ふしぎな岬の物語」の小説版でヒットを飛ばし、今年は「夏美のホタル」が映画化された著者による最新作。さまざまな事情を抱えて傷ついた人間が、自分自身を取り戻していく物語を優しくつづっている。

(KADOKAWA 1600円+税)





日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  3. 3

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  6. 6

    目黒5歳女児も 学歴コンプレックスの親がハマる“教育虐待”

  7. 7

    金融緩和継続 欧米と金利差拡大で円&国債大暴落の現実味

  8. 8

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

  9. 9

    公式本も発売 空前ブーム「おっさんずラブ」に続編あるか

  10. 10

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

もっと見る