「コンカッション」ジーン・マリー・ラスカス著、田口俊樹訳

公開日: 更新日:

 アメリカのNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)の不正を暴いた監察医の戦いを描いたノンフィクション。

 NFLのスーパースターだったウェブスターを検視解剖したオマル医師は、ある疑念を抱き、彼の脳を精査。アルツハイマー病やボクサー認知症に特有の病変を見つける。

 ウェブスターは引退後に人格崩壊をきたし、奇行を繰り返していた。引退後に性格が一変してしまう選手は、ウェブスターだけではなかった。氏はフットボールでは日常茶飯事のコンカッション(脳振とう)がその原因ではないかと学会誌に発表。しかし、NFLは論文の撤回を求め強く抗議してきた。選手らによる集団訴訟に発展した騒動の内幕を描いた話題の映画の原作。(小学館 830円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  8. 8

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る