「コンカッション」ジーン・マリー・ラスカス著、田口俊樹訳

公開日: 更新日:

 アメリカのNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)の不正を暴いた監察医の戦いを描いたノンフィクション。

 NFLのスーパースターだったウェブスターを検視解剖したオマル医師は、ある疑念を抱き、彼の脳を精査。アルツハイマー病やボクサー認知症に特有の病変を見つける。

 ウェブスターは引退後に人格崩壊をきたし、奇行を繰り返していた。引退後に性格が一変してしまう選手は、ウェブスターだけではなかった。氏はフットボールでは日常茶飯事のコンカッション(脳振とう)がその原因ではないかと学会誌に発表。しかし、NFLは論文の撤回を求め強く抗議してきた。選手らによる集団訴訟に発展した騒動の内幕を描いた話題の映画の原作。(小学館 830円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

もっと見る

人気キーワード