「探偵の鑑定Ⅰ」松岡圭祐著

公開日: 更新日:

 須磨が社長を務めるリサーチ会社に猪瀬という男から依頼が舞い込む。交際クラブを介して知り合った陽佳梨という女に300万円をだまし取られたというのだ。

 クラブの裏SNSを通じて、陽佳梨と愛人契約を結んだが、彼女は札束を入れた高級ブランドバッグ「バーキン」を残して店から姿を消したという。バーキンの裏には大きな穴が開いており、そこから金を持ち逃げしたらしい。同様の手口でだまされた男たちが、詐欺に使われたバーキンを万能鑑定士の莉子に持ち込んでいることが分かった。須磨の指示で莉子の身辺を調査中だった対探偵課の玲奈の眼前で、莉子が偽警官に命を狙われる。

 2大シリーズの主人公が競演する完結編。(講談社 620円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  9. 9

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  10. 10

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る