「探偵の鑑定Ⅰ」松岡圭祐著

公開日: 更新日:

 須磨が社長を務めるリサーチ会社に猪瀬という男から依頼が舞い込む。交際クラブを介して知り合った陽佳梨という女に300万円をだまし取られたというのだ。

 クラブの裏SNSを通じて、陽佳梨と愛人契約を結んだが、彼女は札束を入れた高級ブランドバッグ「バーキン」を残して店から姿を消したという。バーキンの裏には大きな穴が開いており、そこから金を持ち逃げしたらしい。同様の手口でだまされた男たちが、詐欺に使われたバーキンを万能鑑定士の莉子に持ち込んでいることが分かった。須磨の指示で莉子の身辺を調査中だった対探偵課の玲奈の眼前で、莉子が偽警官に命を狙われる。

 2大シリーズの主人公が競演する完結編。(講談社 620円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  3. 3

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  4. 4

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  5. 5

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  6. 6

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  7. 7

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  8. 8

    アベノマスクやはり“バカ高”だった…黒塗り忘れで単価バレ

  9. 9

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る

人気キーワード