• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

トランプ大放言 毒々しくずぶといユーモア感覚は侮れない

「人生は爆発だ!」ハート・シーリー著、前田和男訳

 米共和党大統領候補に決まって一気に注目度の上がったドナルド・トランプ。おかげで毒々しい彼の放言集も続々登場している――。

 トランプ放言集の特徴は、著者がトランプびいきかトランプ嫌いか、はっきり分かれていること。しかしアメリカのパロディー作家による本書は、あくまでヤジ馬的スタンスを貫く。

 昨年5月の出馬表明のときは不法移民の多いヒスパニックへの敵対発言で世間を騒がせたのに、3カ月後には遊説先で「私はメキシコが好きだ。メキシコ人も好きだ」と手のひらを返す。徹底したご都合主義と自画自賛が持ち味で、普通なら命取りになる失言でも支持率が下がらない。あげくに平然と「実は(これでも)ナイスなやつなんだけどな、私は」とやってのけるものだから、場内大爆笑というわけだ。

 ポピュリズムとは大衆の不満や恨みの感情を養分にした政治的扇動で、代表がヒトラーだが、トランプの場合、この毒々しくもずぶといユーモア(?)感覚こそが余人に真似のできないポピュリズム能力となっているのだ。「私の美点は何か。そのひとつは、大金持ちであることだ」と言い放って反発されないというこの男。下品な成り上がりとさげすむと痛い目に遭うだろう。(ビジネス社 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る