トランプ大放言 毒々しくずぶといユーモア感覚は侮れない

公開日: 更新日:

「人生は爆発だ!」ハート・シーリー著、前田和男訳

 米共和党大統領候補に決まって一気に注目度の上がったドナルド・トランプ。おかげで毒々しい彼の放言集も続々登場している――。

 トランプ放言集の特徴は、著者がトランプびいきかトランプ嫌いか、はっきり分かれていること。しかしアメリカのパロディー作家による本書は、あくまでヤジ馬的スタンスを貫く。

 昨年5月の出馬表明のときは不法移民の多いヒスパニックへの敵対発言で世間を騒がせたのに、3カ月後には遊説先で「私はメキシコが好きだ。メキシコ人も好きだ」と手のひらを返す。徹底したご都合主義と自画自賛が持ち味で、普通なら命取りになる失言でも支持率が下がらない。あげくに平然と「実は(これでも)ナイスなやつなんだけどな、私は」とやってのけるものだから、場内大爆笑というわけだ。

 ポピュリズムとは大衆の不満や恨みの感情を養分にした政治的扇動で、代表がヒトラーだが、トランプの場合、この毒々しくもずぶといユーモア(?)感覚こそが余人に真似のできないポピュリズム能力となっているのだ。「私の美点は何か。そのひとつは、大金持ちであることだ」と言い放って反発されないというこの男。下品な成り上がりとさげすむと痛い目に遭うだろう。(ビジネス社 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る