「ダークマターと恐竜絶滅」リサ・ランドール著 向山信治監訳 塩原通緒訳

公開日:  更新日:

 宇宙には、重力を通じて相互作用しているが、光を放出も吸収もしないため見ることができない〈ダークマター〉と呼ばれる物質がある。6600万年前、地球に彗星が衝突して恐竜が絶滅したといわれているが、それを引き起こしたのはダークマターだった。

 ダークマターが冷えると垂直方向以外には収縮できないため、円盤状に収縮してダークディスクになる。ダークディスクは太陽系が銀河面を横断するたびに大きな摂動を起こさせるため、彗星シャワーが定期的に生じるという。

 ベストセラー「ワープする宇宙」を書いた理論物理学者が、「二重円盤モデル」説で恐竜絶滅の真実に迫る。(NHK出版 2900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る