• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ダークマターと恐竜絶滅」リサ・ランドール著 向山信治監訳 塩原通緒訳

 宇宙には、重力を通じて相互作用しているが、光を放出も吸収もしないため見ることができない〈ダークマター〉と呼ばれる物質がある。6600万年前、地球に彗星が衝突して恐竜が絶滅したといわれているが、それを引き起こしたのはダークマターだった。

 ダークマターが冷えると垂直方向以外には収縮できないため、円盤状に収縮してダークディスクになる。ダークディスクは太陽系が銀河面を横断するたびに大きな摂動を起こさせるため、彗星シャワーが定期的に生じるという。

 ベストセラー「ワープする宇宙」を書いた理論物理学者が、「二重円盤モデル」説で恐竜絶滅の真実に迫る。(NHK出版 2900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る