• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「曹操の人望力」加来耕三著

 魏の始祖となった曹操は、矮小化された像が伝わっているが、実は諸葛孔明、関羽と並ぶ「三国志」のベストスリーの一人である。低い出自の曹操が中国大陸の3分の2をたった24年で制圧できたのは、卓越した〈人望力〉があったからである。

 曹操がライバルの袁紹と天下分け目の戦いを繰り広げていたとき、逃げ遅れた袁紹の軍師、沮授を捕らえた。曹操は烈士である沮授に一目置いていたので、自分の配下に加えようとしたが、沮授は袁紹の下にいる一族が殺されることを恐れて、自分を殺してくれと頼んだ。曹操は沮授の願いを聞き入れたという。

 最強のリーダーだった曹操の、人心掌握の極意を探る。(すばる舎 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る