「難民調査官」下村敦史氏

公開日: 更新日:

 日本で難民申請をしたクルド人が見せる怪しげな言動に不信感を抱いた東京入国管理局の若き女性担当官・如月玲奈に忍び寄る隠謀の影を追うポリティカル・サスペンス小説。

 著者が挑んだ最新作の題材は“難民調査官”なる耳慣れない職業である。

「この名前を知ったとき、これだ! と思いました。実は難民問題には第59回乱歩賞で日系ブラジル人を題材に作品を書いたころから興味を持っていまして、本格的に“難民モノ”を書くなら難民調査官は外せないと思っていました。ただ執筆中は現実との兼ね合いが難しかったですね」

 ちょうど半分ほど書き終えたころに欧州で怒涛のような難民問題が勃発した。

「びっくりしました。それまで難民問題は、日本でまず取り上げられることがなく、だからこそ書く意味があると思っていたのですが、あれだけ報道されると、逆に書く意味はあるのか、他の作家の方々に先を越されるのではないか、いろいろ不安になりました。でも開き直って、今の情勢も踏まえた作品にしようと思い至りました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る

人気キーワード