「一生健康に暮らせる住まいづくり」渡邉和司著

公開日:  更新日:

 家を建てる際に重視すべきは、広さやデザインよりも「健康への配慮」であると、元ハウスメーカー勤務の著者は言う。健康に暮らせる住まいの条件はいくつかあるが、特に大切なのが家の中の温度差をなくすこと。温度差による心疾患や脳血管疾患、いわゆる“ヒートショック”で亡くなる人は交通事故の死者よりも多い。熱の大半は窓から逃げるため、ガラスは二重にし、サッシはアルミではなく樹脂を選ぶなどの工夫が必要となる。

 日々のストレスを和らげることも、住まいによって可能だ。無垢の木材を仕上げ材に取り入れれば、木の香り物質であるフィトンチッドが体内のストレスホルモン濃度を下げることも分かっている。

 人生の3分の1を過ごす住まいへの工夫で、健康寿命を延ばすことも夢ではない。(幻冬舎 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る