「一生健康に暮らせる住まいづくり」渡邉和司著

公開日: 更新日:

 家を建てる際に重視すべきは、広さやデザインよりも「健康への配慮」であると、元ハウスメーカー勤務の著者は言う。健康に暮らせる住まいの条件はいくつかあるが、特に大切なのが家の中の温度差をなくすこと。温度差による心疾患や脳血管疾患、いわゆる“ヒートショック”で亡くなる人は交通事故の死者よりも多い。熱の大半は窓から逃げるため、ガラスは二重にし、サッシはアルミではなく樹脂を選ぶなどの工夫が必要となる。

 日々のストレスを和らげることも、住まいによって可能だ。無垢の木材を仕上げ材に取り入れれば、木の香り物質であるフィトンチッドが体内のストレスホルモン濃度を下げることも分かっている。

 人生の3分の1を過ごす住まいへの工夫で、健康寿命を延ばすことも夢ではない。(幻冬舎 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  8. 8

    今更札幌って…マラソン前代未聞の開催地変更案で世界の恥

  9. 9

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  10. 10

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る