• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「長引く腰痛は“脳の錯覚”だった」丹羽真一他著、菊地臣一監修

 脳科学を取り入れた腰痛治療として注目されている福島県立医科大学病院の「認知行動療法」について解説する。

 慢性的に痛みを抱える患者は脳の灰白質という部位の血流が滞り、背外前頭前野や側頭葉、海馬といった脳の各所に萎縮が見られることが分かってきた。これにより脳が痛みを錯覚しやすくなり、痛みへの恐怖にもとらわれやすくなる。腰痛患者の場合も、「痛みが強くなりそう」「痛みがずっと続きそう」といった思い込みから、体の動きを制限して余計に腰への負担を大きくする傾向があるそうだ。

 そこで認知行動療法では、ネガティブな気持ちを記録する「ストレス日記」などにより自身を分析し、行動を改善して痛みの悪循環を断っていく。長引く腰痛に悩まされている人は必読だ。(朝日新聞出版 1200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  7. 7

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る