「長引く腰痛は“脳の錯覚”だった」丹羽真一他著、菊地臣一監修

公開日: 更新日:

 脳科学を取り入れた腰痛治療として注目されている福島県立医科大学病院の「認知行動療法」について解説する。

 慢性的に痛みを抱える患者は脳の灰白質という部位の血流が滞り、背外前頭前野や側頭葉、海馬といった脳の各所に萎縮が見られることが分かってきた。これにより脳が痛みを錯覚しやすくなり、痛みへの恐怖にもとらわれやすくなる。腰痛患者の場合も、「痛みが強くなりそう」「痛みがずっと続きそう」といった思い込みから、体の動きを制限して余計に腰への負担を大きくする傾向があるそうだ。

 そこで認知行動療法では、ネガティブな気持ちを記録する「ストレス日記」などにより自身を分析し、行動を改善して痛みの悪循環を断っていく。長引く腰痛に悩まされている人は必読だ。(朝日新聞出版 1200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  3. 3

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  4. 4

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  5. 5

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  6. 6

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  7. 7

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  8. 8

    安倍政権からの政治劣化が招いた不真面目ほど得をする社会

  9. 9

    “汚染水”処理で頼みの綱ALPSは8年間「試験運転」のまま!

  10. 10

    吉村府知事ドヤ顔”手柄”自慢に現場から上がる疑問の声

もっと見る

人気キーワード