「長引く腰痛は“脳の錯覚”だった」丹羽真一他著、菊地臣一監修

公開日: 更新日:

 脳科学を取り入れた腰痛治療として注目されている福島県立医科大学病院の「認知行動療法」について解説する。

 慢性的に痛みを抱える患者は脳の灰白質という部位の血流が滞り、背外前頭前野や側頭葉、海馬といった脳の各所に萎縮が見られることが分かってきた。これにより脳が痛みを錯覚しやすくなり、痛みへの恐怖にもとらわれやすくなる。腰痛患者の場合も、「痛みが強くなりそう」「痛みがずっと続きそう」といった思い込みから、体の動きを制限して余計に腰への負担を大きくする傾向があるそうだ。

 そこで認知行動療法では、ネガティブな気持ちを記録する「ストレス日記」などにより自身を分析し、行動を改善して痛みの悪循環を断っていく。長引く腰痛に悩まされている人は必読だ。(朝日新聞出版 1200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  8. 8

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る