「新版 はじまりは大阪にあり!」井上理津子著

公開日: 更新日:

 成田空港にも登場して人気のカプセルホテル。第1号は大阪・阪急東通商店街の「カプセル・イン大阪」で、1979年に誕生した450室は現役で稼働中である。当時の中野幸雄・ニュージャパン観光社長がキューブリックの「2001年宇宙の旅」などから発案した。

 ビジネスホテル不足でサウナに泊まる人がいるのを知り、「半額で泊まれる客室」を造ろうと、中銀カプセルタワーで注目された黒川紀章氏に設計を依頼、意気投合した。宇宙船のようなスペースが人気で、交通ストの前夜は働きバチたちで満室に。他に、日本初の霊柩車、世界初の電卓など、大阪発のユニークなビジネスを満載。(清風堂書店 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  5. 5

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  6. 6

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  7. 7

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  8. 8

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  9. 9

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る