「神の時空-五色不動の猛火-」高田崇史著

公開日: 更新日:

 辻曲家の次女・摩季が死んで6日。兄の了は、死者を蘇らせる秘術の準備を進めるが、必要な「十種の神宝」はまだ半分しか揃わない。そんな中、世田谷区三軒茶屋、豊島区駒込、江戸川区平井の3カ所で相次いで放火殺人事件が発生。被害者はいずれも碑文谷女子大付属女子高校の1年生とその家族だった。

 火事が3軒とも近所の寺社を巻き込んでいると聞いた了の妹・彩音は、高村皇らの仕業だと直感する。高村らは、日本中の神社仏閣を破壊して、閉じ込められた怨霊を解き放とうとしており、摩季を殺したのも彼らだった。地図を見た彩音は彼らの狙いが「江戸五色不動」ではないかと推理する。

 明暦の大火をテーマに描く人気歴史ミステリーシリーズ最新刊。(講談社 960円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  5. 5

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

  10. 10

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る