「アメリカの大問題」髙岡望著

公開日:  更新日:

 主要先進国中、最も景気が順調で、国際社会での影響力も依然として強大なアメリカ。しかし、テキサス州ヒューストン元総領事の著者は、同国は今、3つの大きな問題に直面し、100年に1度の大転換点に立っていると指摘する。

 第1の大問題は、格差と移民の問題。そして第2の問題は、これまで自任してきた「世界の警察官役」を担い続けるのかどうかという「力の行使の問題」。一転して、100年前のように孤立主義に向かう可能性もあると著者は指摘する。そして、第3がシェール革命後の対応が注目されるエネルギー問題。

 いずれの問題でも最前線に立つテキサスの事情を紹介しながら、超大国の行方を読み解く。(PHP研究所 840円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る