• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「悪母」春口裕子著

 娘を入園させたい幼稚園の見学に出かけようとした奈江に、宅配便が届いた。嫌なにおいがするので開けてみると、中身は汚物にまみれた大人用のオムツだった。そのうえ見学に行った幼稚園で、園長から匿名のメールを見せられる。それには奈江とママ友3人の名前が挙げられ、彼女らがある家庭をいじめで崩壊させたと書かれていた。奈江の脳裏に坂田広美の顔が浮かんだ。

 当初は広美もママ友グループのひとりだったが、ちょっとしたトラブルで疎遠になり、その後、火事を起こすという悲劇にあったのだ。その後、佐賀の実家に戻ったが……。(「招かれざる客」)

 ママ友の悪意を描くサスペンス6編。(実業之日本社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る