「バカ田大学 講義録なのだ!」泉麻人他著

公開日:  更新日:

 茂木健一郎に言わせると、現在の人工知能はすごく集中力がある超オタクのようなものだ。天才はすごく集中力があるが、それだけでは天才になれない。

 天才というのは科学的にまったく解明されていないので、長嶋茂雄の天才と赤塚不二夫の天才とアインシュタインの天才はどういう関係にあるのかわからない。

 だが、今の人工知能の超オタク路線だけでは天才はつくれない。頭のよさには環境も影響を与える。マンガ家がトキワ荘に集まったことが、コレクティブ・インテリジェンスを起こしたのではないか。

 養老孟司、みうらじゅんらが、天才とバカについて開講したバカボンのパパの母校、バカ田大学の講義録。(文藝春秋 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る