「発達障害 うちの子、人づきあいだいじょーぶ!?」かなしろにゃんこ。著

公開日: 更新日:

 落ち着きがない、感情のコントロールが苦手、空気が読めない……といった特徴から、人間関係につまずくケースが多い発達障害。全国の公立小中学校で、発達障害により「通級指導」を受けている児童・生徒は9万人を超えていて、「将来、うちの子は自立できるのだろうか」と不安を抱えている親も増えている。

 発達障害の息子を持つ著者は、前著で自立のためのノウハウを教育現場や支援団体の当事者に取材し、マンガで分かりやすくリポート。今回の新著では、発達障害の人が友達や恋人との関係を長続きさせるコツや方法を当事者の体験談を通してマンガで伝えている。

 たとえば、まず「体のつらさをとる」ことを心がける。発達障害の人は特定の刺激に苦痛を感じ、結果的に人間関係がうまくいかなくなるケースが多い。しかし、体調がよくなると、感覚の過敏性が軽くなる人もいる。規則正しい生活や適度な運動を続けると、気持ちが安定して、周囲との折り合いもうまくつけられるようになるという。

 当事者の悩みと解決策が詰まった一冊だ。(講談社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る

人気キーワード