「不調に効く食べ方外食だけでスッキリ改善!」池田陽子著

公開日:  更新日:

 疲れやすい、肩が凝る、胃が痛い、腰が重い、肥満……。こんな不調を感じながらも、あくせく必死に働いている中高年に向け、薬膳アテンダントとして活躍する著者が「不調を治す食べ方」を紹介する。

「薬膳」といっても、面倒な調理や特別な食材は必要なし。普段から通っている定食屋、居酒屋、コンビニでも手軽に実践できるメニューや食事法がズラリと並ぶ。

 たとえば「疲労」は、中医学では「気が足りない」状態としているため、「気」を補う食材を取ると効果的。中でもナガイモは優秀で、ランチではとろろそば、とろろ汁を選び、仕事帰りの居酒屋ではナガイモ短冊を一品プラスすればいい。

 また、もち米も「気」を補って目減りを防ぐ効果があり、コンビニでは、おこわおにぎりや赤飯おにぎりがオススメだという。

 これくらいお手軽な“薬膳食”なら続けられそうだ。

(イースト・プレス 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る