• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「不調に効く食べ方外食だけでスッキリ改善!」池田陽子著

 疲れやすい、肩が凝る、胃が痛い、腰が重い、肥満……。こんな不調を感じながらも、あくせく必死に働いている中高年に向け、薬膳アテンダントとして活躍する著者が「不調を治す食べ方」を紹介する。

「薬膳」といっても、面倒な調理や特別な食材は必要なし。普段から通っている定食屋、居酒屋、コンビニでも手軽に実践できるメニューや食事法がズラリと並ぶ。

 たとえば「疲労」は、中医学では「気が足りない」状態としているため、「気」を補う食材を取ると効果的。中でもナガイモは優秀で、ランチではとろろそば、とろろ汁を選び、仕事帰りの居酒屋ではナガイモ短冊を一品プラスすればいい。

 また、もち米も「気」を補って目減りを防ぐ効果があり、コンビニでは、おこわおにぎりや赤飯おにぎりがオススメだという。

 これくらいお手軽な“薬膳食”なら続けられそうだ。

(イースト・プレス 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る