「不調に効く食べ方外食だけでスッキリ改善!」池田陽子著

公開日: 更新日:

 疲れやすい、肩が凝る、胃が痛い、腰が重い、肥満……。こんな不調を感じながらも、あくせく必死に働いている中高年に向け、薬膳アテンダントとして活躍する著者が「不調を治す食べ方」を紹介する。

「薬膳」といっても、面倒な調理や特別な食材は必要なし。普段から通っている定食屋、居酒屋、コンビニでも手軽に実践できるメニューや食事法がズラリと並ぶ。

 たとえば「疲労」は、中医学では「気が足りない」状態としているため、「気」を補う食材を取ると効果的。中でもナガイモは優秀で、ランチではとろろそば、とろろ汁を選び、仕事帰りの居酒屋ではナガイモ短冊を一品プラスすればいい。

 また、もち米も「気」を補って目減りを防ぐ効果があり、コンビニでは、おこわおにぎりや赤飯おにぎりがオススメだという。

 これくらいお手軽な“薬膳食”なら続けられそうだ。

(イースト・プレス 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  6. 6

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  7. 7

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  10. 10

    7歳児が母の形見を紛失! テディベア捜索作戦の嬉しい結末

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る