「不調に効く食べ方外食だけでスッキリ改善!」池田陽子著

公開日:  更新日:

 疲れやすい、肩が凝る、胃が痛い、腰が重い、肥満……。こんな不調を感じながらも、あくせく必死に働いている中高年に向け、薬膳アテンダントとして活躍する著者が「不調を治す食べ方」を紹介する。

「薬膳」といっても、面倒な調理や特別な食材は必要なし。普段から通っている定食屋、居酒屋、コンビニでも手軽に実践できるメニューや食事法がズラリと並ぶ。

 たとえば「疲労」は、中医学では「気が足りない」状態としているため、「気」を補う食材を取ると効果的。中でもナガイモは優秀で、ランチではとろろそば、とろろ汁を選び、仕事帰りの居酒屋ではナガイモ短冊を一品プラスすればいい。

 また、もち米も「気」を補って目減りを防ぐ効果があり、コンビニでは、おこわおにぎりや赤飯おにぎりがオススメだという。

 これくらいお手軽な“薬膳食”なら続けられそうだ。

(イースト・プレス 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る