「人工知能が金融を支配する日」櫻井豊著

公開日:  更新日:

 人工知能が囲碁のトッププロを破った事件は社会に衝撃を与えたが、こういう技術進歩の影響を一番受けるのが金融業界だ。金融市場は既にロボ・トレーダーの独壇場になりつつある。ところが日本の金融機関は、ヘッジファンドや超高速ロボ・トレーダーといった裏舞台の実情に疎い。日本からのスーパー・ヘッジファンドへの投資も、一部の機関投資家に限定されるなどの要因があるからだ。日本の金融界は経験と勘が頼りの職人気質が強く、数理統計的な分析という発想自体がない。金融界の未来には2つのシナリオがあると著者は指摘する。ソニーのネット銀行設立メンバーの著者による警告の書。(東洋経済新報社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る